イベント・展覧会

インタレスト “snow white & petit noir” handmade jewelry Kailino winter collection 2013-14

2013年11月24日


11月30日(土)~12月8日(日)の会期で、
飯野玉青さんによる天然石のハンドメイドジュエリー「Kailino」より、
冬季限定のカプセルコレクションをお届けいたします。

 

「どこか潮の香りのする」いつものKailinoの作品たちとは少し違って、
今回は、たとえば「雪の白」や「夜の黒」などをイメージした、
モノトーンのコレクションです。
アイテムは、ピアスやイヤリング、ネックレス、ブレスレットなどです。
 

かわいらしくもオトナらしい、そしてきっといつもより少しカッコイイ、
Kailinoの描く冬模様をぜひご堪能下さいませ。
 
<概要>
会期 11月30日(土)~12月8日(日) ※12月3日(火)は定休日です。
時間 12:00~19:00
場所 インタレスト
 
最新情報につきましては当店のFacebookページを、
詳細情報につきましてはこちらをご覧下さいませ →


[ インタレスト ]

インタレスト「天然藍が染めるふく」~藍染め工房「壺草苑」 2013年秋冬販売会

2013年11月10日


11月16日(土)~24日(日)の会期で、
江戸時代から伝わる「灰汁発酵建(あくはっこうだて)」による
天然藍染めの工房「壺草苑」の、今秋冬の販売会を開催いたします!
 
壺草苑のアイテムでは、「インディゴ」などの石油由来の
化学薬品は一切つかわれていません。
近年では全国でもごく限られた職人達が従事するのみと
なっている日本の伝統技法を用いて染められた、
正真正銘の「藍色」の妙をご堪能頂けます。
 
会期中は、ストールやマフラー類、ウールニット類、
上質なフランネル生地のシリーズ、人気の「chizimi」シリーズ、
冬物コートなど、珍しい「天然藍染めによる秋冬物お洋服」をご案内いたします。
 
<概要>
会期 11月16日(土)~24日(日) ※19日(火)は定休日です。
時間 12:00~19:00
場所 インタレスト
 
最新情報につきましては当店のFacebookページを、
詳細情報につきましてはこちらをご覧下さいませ →
 


[ インタレスト ]

インタレスト「MAITO 秋の草木染めフェア2013」

2013年10月6日


10月12日(土)~20日(日)の会期で、
みずみずしい天然のパステルカラーが美しい
草木染めブランド「MAITO」の、今秋冬の販売会を開催いたします。

 

MAITOの特徴は、
(1)MAITOならではのニュアンスに富んだ美しい天然のパステルカラー
(2)デザイン・着心地・物持ちすべて抜群という出色のニット技術
この2点がその最大の魅力です。

 

会期中は、ウールテンセル生地のニットウェア類を、
どこよりも早く、どこよりも豊富に(=たくさんの色展開で)
ご紹介いたします。

 

それ以外も、今すぐつかえるコットンニット類、
ストール・マフラー類、大人気のレッグウェア類など、
普段の数倍の品揃えでご案内いたします。

 

<概要>
会期 10月12日(土)~20日(日) 会期中は無休
時間 12:00~19:00
場所 インタレスト

 

最新情報につきましては当店のFacebookページを、
詳細情報につきましてはこちらをご覧下さいませ →


[ インタレスト ]

インタレスト「路地裏の靴作家 vol.3」~森田圭一「kokochi sun3」 2013年秋冬・受注販売会

2013年8月19日


8月31日(土)~9月8日(日)の会期で、
森田圭一さんによるハンドメイド靴ブランド「kokochi sun3」の受注販売会
「路地裏の靴作家」の第3弾を開催いたします。
 
会期中は、今秋冬の新作のほか、大人気の定番靴も含めて、
100足近くの靴たちが店頭に並びます。
 
普段は見られない靴や試着できないサイズ、
新しく使えるようになった革なども、勢揃いいたします。
 
一部月日の経過した靴につきましては、
アウトレット価格で販売いたします。
 
会期末の9月7日(土)、8日(日)には、
靴作家・森田圭一さんがインタレストに終日在店いたします。
森田さんが直接皆様のオーダーを承るほか、
タイミングが合えば靴作りの実演の様子が見られるかもしれません。
 
kokochi sun3の手作り靴は、年齢や性別を問わず、
その履き心地の良さにやみつきになる方が多いです。
また、ケアや修理をして、経年変化を楽しみながら、
末長くご愛用頂けます。ぜひ一度お試し下さいませ。
 
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 
<概要>
会期 8月31日(土)~9月8日(日)
時間 12:00~19:00
場所 インタレスト
・会期中は無休
・9月7日(土)、8日(日)は作家が在店します。
 
詳細や最新の情報につきましては、こちらをご覧下さいませ。→


[ インタレスト ]

インタレスト「光り輝く海がはぐくむジュエリーたち」~飯野玉青「Kailino」作品展

2013年6月22日

6月29日(土)~7月7日(日)の会期で、飯野玉青(たまお)さんの

生み出すハンドメイドジュエリーコレクション「Kailino(カイリノ)」の

新作の展示販売会を開催いたします!

 

「Kailino」というブランド名は、ハワイ語の「Kai(=海)」と

「Lino(=光りかがやく)」という2つの単語の組み合わせです。

 

飯野さんが素材集めから始めて、一つひとつ手作りで生み出す

そのジュエリーたちは、パールやシェルなど海の宝ものたちと、

それをいっそう引き立たせる色鮮やかな天然石で彩られます。

 

また、作家のあたたかな人柄が伝わってくるような、

やわらかなぬくもりに満ちたコレクションです。

自称「石オタク」の飯野さんが自身の目で

選び抜いた品質の高い天然素材がつかわれています。

 

会期中、店頭に並ぶアイテムは、ネックレス、ブレスレット、

イヤリング、ピアスなどが中心です。

 

なお、会期初日の6月29日(土)と最終日7月7日(日)の2日間は、

作家の飯野さん自身が終日インタレストに在店します!

詳細についてはただいま詰めていますが、パールなどの素材を選んで頂いて、

お好みやご予算でセミオーダーも承るなどの企画を考えています。

 

<作品展の概要>

会期 6月29日(土)~7月7日(日)

時間 12:00~19:00

場所 インタレスト

・火曜定休

・6月29日(土)、7月7日(日)は作家が在店します。

 

詳細や最新の情報につきましては、こちらの日記をご覧下さいませ。→


[ インタレスト ]

ロンダからお知らせ。

2013年6月13日

ますみ えりこ 草の糸展
 
6月29日(土)~7月2日(火)
会期中無休
 
※営業時間は12時~19時まで
※日曜日は18時、最終日は17時まで
 
作家在店日 ほぼ毎日
 
ますみえりこさんの草の糸展のお知らせです。
 
もうご存知の方も多いかと思いますが、初めての方のためにちょっとご説明を。
草の糸とは「苧(からむし)」から作った糸のこと、
イラクサ科の多年草で、麻によく似ていますが強度は麻の3倍と言われる丈夫な糸です。
このからむしの栽培は600年も昔から福島県の昭和村で行われ
ますみさんも昭和村でからむしの栽培から収穫、糸作り、織りを学び、今は埼玉で糸作りと織りをしています。
 
からむしの糸は高級な着物や帯に加工するのが一般的なようですが
昔からあるこのからむしをもっと身近に若い方にも使ってほしいと
ご自分で紡いで織ったからむしの布をアクセサリーやバッグ、小物などの作品に仕立てていますが
長く使っていくうちに味わいが増していく過程もぜひ楽しんで頂きたいそうです。
ますみさん一番好きな作業は糸作りだそうですが、今さらに織りについての勉強をされています。
なので今年は織りにも注目して見てみたいなと思っております。
 
ハリがあってシャリっとした質感の作品はこれからの時期にぴったりで、
今回はバッグの他、名刺入れなどの小物をご紹介できる予定です。
今展の日程は4日間と短めですが、ご興味ございましたらぜひ、ご来店をお待ちしております。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

山崎文具店 地味で地道な文房具

2013年6月10日



フラスコからのお知らせです。
期間限定で文具店がOPENします。

・・・・・・・・

山崎文具店
地味で地道な文房具
6月14日(金)~6月18日(火)
12:00~19:00

文房具を仕事として関わり二十数年、文具メーカー
に勤めていたころでは考えられないほどテレビや
雑誌などで文房具が取り上げられるようになりま
した。しかし、文房具に取り組んでいる人たちは
ブームとは無縁で、日夜少しずつ工夫を積み重ね
ています。そんな地味で地道な、ずっと使いたく
なるような文房具を集めてみました。

山崎宏

■出展者
ヤマサキデザインワークス/革小物 木製品
輪島・キリモト/木と漆 和文具
美篶堂/紙・手製本
林工芸/美濃和紙(小野里奈)
Bowl Pond Products/メタルクラフト
SyuRo/ブリキ缶
八朔ゴムはん/ゴムはんカードなど
中村文具店/古文房具
大谷哲也/白磁のランプシェード

出展者所有の古本など

■フード
会期中の3日間、日替わりで軽食と
喫茶、ビールとウイスキーをご用意
します。

15日(土) あゆみ食堂
16日(日) すみや
17日(月) フルタヨウコ

ドリンク協力 株式会社いまでや

企画/ヤマサキデザインワークス
協力/フラスコ
什器/橋本 裕
写真/大沼ショージ
題字/八朔ゴムはん
グラフィック/内田順子

詳しくはこちら→


[ フラスコ ]

ロンダからお知らせ。

2013年5月24日


江戸型小紋 三橋工房展

6月1日(土)~6月6日(木)
会期中無休

※営業時間は12時~19時まで
※日曜日は18時、最終日は17時まで

作家在店日 ほぼ毎日

江戸型小紋三橋工房当主、三橋京子さんの型染めの夏着物と半幅帯、小物などをご紹介いたします。

伝統的な江戸型小紋に琉球紅型を取り入れた三橋さんの型染めは
図柄や色あわせがとてもモダンで現代的。
伝統工芸士として長く仕事をされてきた確かな技術と、
新しいものを柔軟に小紋の中に取り入れるバランス感覚がとても新鮮で素敵です。
そして着物はこう着るという固定観念を抜きにして、
柄あわせや色あわせ小物づかいなど、洋服に近い感覚で着物を楽しめるのも魅力です。

今回も浴衣あるいは夏着物としてお使い頂ける江戸型染めの半幅帯や反物、
日傘や扇子、袋物などの小物をたくさん揃えてご紹介いたします。
会期中は反物のお仕立ても承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

いちど着方を覚えてしまうと意外に簡単に着付けができる夏の着物、
ご興味ございましたら、ぜひ。

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

インタレスト「天然藍が染めるふく。」~藍染め工房「壺草苑」2013年春夏・販売会

2013年5月11日


こんにちは、インタレストです。
5月18日(土)~26日(日)の会期で、藍染め工房「壺草苑(こそうえん)」の販売会、
「天然藍が染めるふく。」を開催いたします!
 
会期中は、(1)インタレストで人気のアイテム、(2)普段は店頭にないアイテム、
(3)今季からはじまったメンズアイテム、(4)他ブランドとのコラボレーションアイテム、
などを中心に、最低でもいつもの5倍以上の品揃えで皆様をお待ちしております。
 
会期初日の18日(土)、最終日の26日(日)には、壺草苑の藍染め職人が在店予定です。
 
壺草苑の魅力、そして壺草苑のお洋服の魅力につきましては、
以下の日記をご一読頂けましたらと思います。
 
「正真正銘・本物の天然藍とはいかなるものか」、ぜひこの機会にとくとご堪能下さいませ。
皆様のお越しを、心よりお待ちしております!
 
<フェアの概要>

日程: 5月18日(土)~26日(日)※ 会期中は無休
時間: 12:00~19:00
場所: インタレスト
・ 18日(土)、26日(日)は職人が在店します。
 
フェアの詳細や最新の情報につきましては、こちらの日記をご覧下さいませ。→


[ インタレスト ]

ロンダからお知らせ。

2013年5月7日

 

 
Fika #5
 
木の器とベーグルサンド。
渡邊浩幸 木工 / yugue(京都) カフェ
 
5月18(土)~5月23日(木)
会期中無休
 
※営業時間は12時~19時まで
※最終日は17時まで
※カフェ詳細は下記をご覧ください
 
2年にいちどのお楽しみ、渡邊さんとyugueの「Fika」も5回目になりました。
渡邊さんの木工の器にyugueのベーグルやおやつを載せてお茶を楽しんでもらうFika、
Fikaとはスウェーデン語で「お茶をする」という意味だそう。
今回も素敵な木の器に美味しいメニューを用意して皆さんのご来店をお待ちしています。
 
さて今展は渡邊さんにお願いして定番のパン皿とはちょっと違う、1点ものの木の器などリクエストしました。
いつものようにパンやトーストを盛って、または果物やお菓子を並べて。
どんなものが並ぶのかは展示会までわかりません、こちらもお楽しみなのです。
 
yugue(京都)の出張カフェ
 
18日(土)、19日(日) 12時~19時
20日(月) 12時~17時まで ※無くなり次第終了
 
京都下鴨からcafe bar「yugue」がやって来ます。
今年は初心に帰って(?)、手作りベーグルサンドとコーヒーと餃子スープのyugue王道メニュー(!)の他、
おやつなどは無くなり次第終了となります。
お時間ございましたら、ぜひ。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

ロンダからお知らせ。

2013年4月11日

 
chiclin 展
chiclin春夏物洋服の展示会
 
4月16(火)~4月27日(土)
会期中の22日(月)は定休日です
 
※営業時間は12時~19時まで
※日曜と最終日は18時まで
 
作家在店日 20日(土)、21日(日)
 
2013年chiclinの春夏物洋服の展示会のお知らせです。
 
リネンやコットンの上質な生地でシンプルで着心地のよい服を作り続けているchiclin、
「春夏物」、「秋冬物」を展示会という形で紹介するという活動も今年で16年めを迎えられたようです。
 
chiclinの洋服の良さは前述の着心地のよさはもちろん、
基本の定番服を変わらない定番ではなく、その時にあった生地に変える形を少し変えるなど
見落としてしまいそうな小さな変化を続け、定番を守っているところ。
これが長く定番として人気を保てる秘密のよう。
1年に2回春夏、秋冬と展示会をして頂いていますが、
丸襟シャツ、chicilinスカートにコートなど、実はもっとも選ばれるのはやはり定番の服だったりします。
 
さて今回もそんな定番服に新しくカットソーなども加わった素敵な展示会になりそうです。
今年のカラーにはDMのピンクやパープルも含まれているようでとても楽しみ!
もちろんmitsouさんの小物も販売いたします。
 
今回は展示会期も長く約2週間、ロンダの2階がchiclin一色になります。
会期中は上記在店日以外にもちょこちょことchiclinご夫妻も顔を出してくださるよう。
お時間ございましたら、ぜひ。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

インタレスト「路地裏の靴作家 vol.2」 ~森田圭一「kokochi sun3」2013年春夏・受注販売会

2013年4月8日

こんにちは、セレクトショップのインタレストです。

 

4月6日(土)~14(日)の会期で、

抜群の履き心地とあふれる遊び心が同居するハンドメイド靴ブランド

「kokochi sun3」の受注販売会を開催しています。

 

昨秋に開催した受注会第1弾に続く第2弾で、スケールは前回以上、

ブランドの定番靴のほか、昨秋から今春にかけての新作を含めて、

楽しい靴たちが100足以上、インタレストの店頭にズラリズラリと並んでいます。

 

会期末の13日(土)・14日(日)には、kokochi sun3の

靴作家・デザイナーの森田圭一さんがインタレストにやってきます。

前回同様、靴作りの実演を予定しているほか、何より「その場限り」の

「わがまま」を作家本人にぶつけて頂くチャンスです。

「ああしたい・こうしたい」と、ぜひ森田さんと一緒に盛り上がりましょう。

 

<フェアの概要>

日程: 4月6日(土)~14日(日)※会期中は無休
時間: 12:00~19:00
場所: インタレスト
 

フェアの詳細や最新の情報につきましては、こちらの日記をご覧下さいませ。→

 


[ インタレスト ]

ロンダからお知らせ。

2013年3月27日

三笘 修  陶展
 
3月30日(土)~4月6日(土)
会期中無休
 
営業時間は12時~19時まで
日・祝日と最終日は18時まで
 
三笘さんの在店日 30日
 
ロンダジルでは3回め、3年振りの三笘修さんの個展を催します。
 
三笘さんは大分県日田市で作陶する作家です。
3年前の2010年の展示会では愛知県の常滑から大分に移られたばかりで、
地元の土を使い「黄石釉」と名づけた焼き物を見せてくれました。
 
黄石釉のほか灰粉引きの日常器、錆鉄釉の花器やふたものなど、味のある作品はどれも店主好み(!)で
滋味で味わいがあり、お料理が美味しそうに映える、そして何気に可愛いらしさも感じられて
我が家の棚にも使い馴染んだ三笘さんの器がたくさん並んでいます。
 
大分に移られてからは展示会中心の活動で、残念ながら常設に器が入荷することはほとんどありません。
なので割ってしまったら大変、少々の欠けなどは継いだりして大事に使っていますが、
待ち遠しかった3年ぶりの展示、私も買う気満々(笑)で楽しみにしています。
三笘さんの器をお探しの方やご興味のある方などたくさんの方にご覧頂きたいなと思います。 
今展は少し会期も長めに8日間、初日は三笘さんも在店予定です。
お時間ございましたら、ぜひぜひ。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

ロンダからお知らせ。

2013年3月8日


 
 
長峰 菜穂子  陶展
 
3月9日(土)~3月14日(木)
会期中無休
         
営業時間は12時~19時まで
日・祝日は18時まで
最終日は17時まで
 
長峰さんの在店日 9日
 
 
ロンダジルでは3回めとなる、長峰さんの個展を催します。
 
今年で独立して10年、節目の年を迎えた長峰さん。
ロンダでは2006年から常設で作品をご紹介させていただき、
現在の店舗に移転した2008年の12月に初めて展示会をしていただきました。
それから早8年、だんだんと作品の方向性がはっきりと見え始め、
現在では長峰さんらしい洋陶スタイルが確立したと思います。
男性では李朝や日本の古い器からインスパイアされた作品作りをする方は多くみえますが、
それとはまた異なりヨーロッパの古い器を収集し、そこからイメージを膨らましていく女子的アプローチは
長峰さんの取り組みが始めなのではないでしょうか。
 
今展は長峰さんの洋陶の数々を、ロンダの和室(!)にて展示、ご紹介する予定です。
人気のジャグやコンポート、お皿等ともに
リクエストして作っていただいた陶製のフードカバーなどたくさんの作品をご紹介いたします。
9日(土)は長峰さんも在店くださいますので、お時間ございましたら、ぜひ。
 
年々人気の高まっている長峰さんの展示会、初日の9日(土)はたくさんのお客様のご来店を予想しております。
初日は入店頂ける許容範囲を超えるお客様がご来店くださった場合は整理券をお配りする場合がございます。
また当店は静かな住宅街の中にある店舗ですので、
誠に恐れ入りますが、近隣の方のご迷惑にならないよう早い時間からお待ちいただくことはご容赦くださいませ。
どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

インタレスト「MAITO春の草木染めフェア2013」

2013年3月2日

 

こんにちは、セレクトショップのインタレストです。

 

3月9日(土)~17日(日)の日程で、「MAITO 春の草木染めフェア2013」と題しまして、

当店でお取り扱いのあるMAITO(マイト)の販売会を開催します。

 

MAITOは、従来の草木染めのイメージを覆す天然のパステルカラーと、

デザイナーの専門的なニット技術による抜群の着心地と物持ちが同居する、

みずみずしい草木染めブランドです。

 
会期中はインタレストの店頭にて、マイトのアイテムを普段よりかなり多くご案内します。
桜染めや屋久杉染めなどの春らしいアイテムを中心に、

文字通り「色とりどり」でご紹介したいと考えています。

 

会期初日の9日(土)には、デザイナー・染め師である小室真以人さんを招いて、

桜染めのワークショップを開催します。
少人数によるお申し込み制ですので、ご興味がおありの方は、

以下のリンクで詳細をご確認の上、お早めに当店までご連絡下さいませ。

 

<フェアの概要>
日程: 3月9日(土)~17日(日)※火曜定休
時間: 12:00~19:00
場所: インタレスト

 

フェアの詳細や最新の情報につきましては、こちらの日記をご覧下さいませ。→

 


[ インタレスト ]

「日本ノ靴6 SPINGLE MOVE」開催します。

2013年2月5日

フラスコからのお知らせです。

 

恒例の「日本ノ靴 SPINGLE MOVE」
今年も開催します。

 

これだけスピングルの靴が集まるのは
日本で唯一フラスコだけです。

 

是非、この機会に手に取って、履いて、納得して、お買い上げ
よろしくお願いします!

 

・・・・・
日本ノ靴6 SPINGLE MOVE
2月8日(金)~2月11日(祝)
2月15日(金)~2月17日(日)
2月22日(金)~2月24日(日)
12:00~19:00(日祝18:30)

 

今回で6回目。3週に渡って週末展示を行います。
広島で生まれ、広島の町工場で職人達によって作られるスニーカー。
国内生産の革にこだわり履き心地のよいインソールで
日本人の足に最もフィットするように設計されたスニーカーです。

 

SPINGLE MOVE 定番(ユニセックス)
SPINGLE nima レディース
SPINGLE Biz  ビジネスモデル
SPINGLE GORE-TEX 透湿防水モデル

 

お買い上げの方に靴ひもを差し上げます。
*数に限りがありますので予めご了承ください。

 

SPINGLE

 

詳しくはこちら→

 


[ フラスコ ]

ロンダからお知らせ。

2013年1月21日

新年はやっぱり新しい気持ち、真っ白な気持ちで迎えたい。
ということで、2013年も後藤義国さんの粉引きの器の展示会からご紹介いたします。
 
益子で長く作陶をしている作家さん、
「展示会といっても普段通り、定番のものしか作れないよ。」という後藤さん。
ちょうど私と同い年、年齢も40半ば、
若い作家さんがどんどん成長して追い上げられ来て、上には上の熟練の作家さんがいらして。
私などは一番悩み多い年齢なんじゃないかなと思うのですが、
自分の思う方向をブレずに進む後藤さんはやっぱりすごいなと思います。
今展も粉引きのポットなどのお茶の器と普段使いの暮らしの器をご紹介いたします。
 
お時間ございましたら、ぜひ。

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

ロンダからお知らせ。

2012年12月22日


静岡の伊豆高原で作陶をされている村上さん。
白や焼き締めに黒など様ざまな釉薬を用いて普段使いの器作りをしていらっしゃいますが
個人的に好きなのが貝殻のような淡いピンク色、
すべっとした質感と色の雰囲気がとてもよく合っていて口当たりもいい汲み出しを愛用しています。
まだコンスタントに出せる色ではないそうでいわば偶然の産物、
この貝殻色(勝手に命名)、展示会用にご用意してくださっていますのでどうぞお楽しみに。
 
シンプルなもので組み合わせを楽しむことができる器が多く、
今展では常設でもご案内しているポットやカップのほか、新作のポットや普段使いの器や花器、
手びねりのオブジェなどをご紹介いたします。
初日と2日めは村上さんも在店くださる予定ですので、お時間ございましたら、ぜひ。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

ロンダからお知らせ。

2012年11月29日

 
陶芸家深田容子さんの展示会を催します。
 
ロンダでは2年ぶりになる深田さんの展示会,
毎回秋にお願いしていますが、今年は冬、お鍋にぴったりの12月にご紹介いたします。
土鍋や耐火パンに普段づかいの器と、暮らしの道具としての実用性の高さに加え
女性らしい作品の雰囲気もあって、特に土鍋はロンダでも人気アイテムのひとつです。
最近はごはんを土鍋で炊くなど1年を通して土鍋を活用する方も増えましたから 
ますます台所道具としての需要が高くなっているのかもしれませんね。
 
今展ではサイズも豊富な土鍋やごはん鍋に耐火パン、
グレイ粉引きや黄粉引きや黒釉などの器などを揃えてご紹介いたします。
初日には深田さんも在店くださる予定ですので、お時間ございましたら、ぜひ。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

11/11(日)加治工勇ミニコンサートを開催いたします!

2012年11月7日

11月11日(日)加治工勇ミニコンサートを開催します!

加治工勇

11/11(日)、鳩間島から神楽坂に、唄者(うたしゃ)の加治工勇(かじく・いさむ)さんがやってきます!

鳩間島は八重山諸島、西表島の北に浮かぶ人口50人の島です。
これまで何度か足を運んだ私が、その歌声にしびれた加治工勇さん。偶然の出会いから仲良くさせていただいております。
その加治工さんが、神楽坂の弊廊eitoeikoにてライブを開催いたします!

加治工さんといえば島を訪れた者で知らない人はいない「鳩間の港」で有名ですが、普段はライブ会場総立ちで盛り上がる加治工さんの演奏を、今回はじっくり聴かせるミニコンサートにしたいと思います。

皆様のご来廊をお待ちしております。

当日、ギャラリーでは江川純太の新旧作品を展示しておりますので、こちらもお楽しみに。

加治工勇ミニコンサート
11/11(日)14時より
料金1000円
予約不要

eitoeiko
東京都新宿区矢来町32-2
03-6479-6923
http://eitoeiko.com外部リンク

加治工勇さんのコンサート予定などはこちら→ http://kajiku.com外部リンク


[ eitoeiko ]

ロンダからお知らせ。

2012年11月3日

 

chiclin展
 

chiclin秋冬物洋服の展示会
 

11月6日(火)~11月18日(日)
12時~19時まで
 

※12日(月)は定休日です
※11日(日)は18時まで
※18日最終日は17時まで
※作家在店日 6日 9日 10日 17日 18日
 

春まで東京の展示会場は2ヶ所でしたが、この秋冬展示会からロンダ1ヶ所になったので
会期を2週間に延長してご紹介することになりました。
長くご覧いただけますので、1週間悩んで翌週来店されても大丈夫、在庫も数多く揃えてお待ちしています!
シンプルで毎日着たい服、素材は定番のものでも毎年生地を変えるこだわりぶり、
着心地もよく、着る人によって洋服の印象がガラリと変わりどの方にもあった着こなし方がある、
そんな大人服がchiclinなのです。
サイズも1(S),2(M),3(L)に加え、前回からANNAコートやパンツにはサイズ4も加わり
4はメンズ対応になっております。
すこしタイトめに着たり、オーバーサイズでメンズっぽく着こなしたり、
いろいろ遊べるのもお勧めポイントです。
 

毎回好評のchiclinコート、ANNAコート、受注でお受けするシングルコート、
ワンピース、ニットに丸襟シャツとchiclinスカート、パンツなどが並ぶ予定です。
毎回素敵なDMを作ってくれる奥様のmitsouさんの小物やハンカチも販売いたします。

 
ご来店をお待ちしております!

 

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。

ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

ガロン( NOBODY) の生地セールの案内

2012年10月20日

ガロン( NOBODY) の生地セールの案内です。

お店のリニューアルに伴い、フランスと神楽坂で約12年間、帽子を作る上で使用してきた貴な

生地やボタンや雑誌を破格にて販売します。

なかなか手に入らない貴重な生地が沢山あります。

是非、お店で色々選んでみてください。

ガロン( NOBODY) →

問い合わせ:03-5228-2921

 

 


[ NOBODY ]

jokogumo「直して使う、道具展」

2012年9月17日

 

フラスコからのお知らせです。

物を買い使っていく、

そして、

その後の事を、

真剣に考えていきたいと思います。

 

・・・・・・

jokogumo「直して使う、道具展」

9月21日(金)~9月26日(水)
12:00~20:00(最終日17:00)

 

詳しくは→

 


[ フラスコ ]

ロンダからお知らせ。

2012年9月11日

 

ガラスの木下宝さんと、金工の坂野友紀さんの二人展を催します。

 

透明でシンプルなガラスの木下さんと

ゴールドの真鍮やシルバーの洋白、金属作品の坂野さん。

二人の作品を組み合わせたら、もっと楽しくより素敵でイメージの広がる展示会が

できるんじゃないかと始まった彼女たちの二人展は今回で2回めになりました。

 

今回のテーマは「カフェ」。

グラスやピッチャー、マドラーにアイスクリームカップ、トレイやお皿、カトラリーなど

カフェで使いたい「こんなのあったらいいな」を形にしてくださいました。

 

会期中にオープンするカフェでは実際に使用して使い心地を試していただけるほか

こんな使い方いかがですか?なんて提案もしたいと思案中です。

 

人気のお二人ですから、常設ではなかなか作品がたくさん並びことは難しいけれど、

今展は一堂にご紹介できる数少ない機会です。

お時間ございましたら、ぜひ。

 

会期中にオープンするカフェでは実際に使用して使い心地を試していただけるほか

こんな使い方いかがですか?なんて提案もしたいと思案中です。

 

人気のお二人ですから、常設ではなかなか作品がたくさん並びことは難しいけれど、

今展は一堂にご紹介できる数少ない機会です。

お時間ございましたら、ぜひ。

 

 「木下・坂野 二人展」中のカフェ営業のお知らせ。

 

30日(日)、10月1日(月)は、下記の時間はお食事(ホットドッグプレート)をご用意いたします。

時間 ①12:30~14:00 ②15:00~16:30

  ※ご予約制となっております。 ホットドッグ+副菜+お飲み物のセット 1,800円(税込 )

  ※ご予約はメール、またはお電話(03-3260-6801)で承ります。

  ※①②の時間でも、席に余裕がありましたらカフェをご利用いただけます。

 

10月2日(火)、3日(水)は、ご予約不要のカフェをオープンします。

 

手作りの梅スカッシュ、ジンジャーエールにコーヒー、梅ゼリーや大人味のプリンなどをご用意。

お二人の器を使っております、どうぞ使い心地をお試しくださいませ。

   ※12:00~18:30 ラストオーダー18:00

 

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。

 

ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

内山聡展「Soaked Paintings」9/21~10/20

2012年9月10日

日頃よりお世話になっております。eitoeikoでは9月20日より、内山聡による個展「Soaked
Paintings」を開催いたします。

復興ボランティアに参加し、津波にのまれた街の建物の壁面に残された、海面の痕跡をみた内山聡(1978年神奈川県生まれ)。その光景をあたかも平面が立体的な質量をもって迫るものととらえた作家は、自身への解答として、逃れられない環境からの影響を積極的に提示した「浸す絵画」を生み出しました。内山は震災後の日本人の身体感覚の更新を認識し、訴えます。白いキャンバスが、それを取り巻く環境の力によって支配されるという事態を浮き彫りにした作品から、作家はアートが社会に浸透していく行為を逆説的に試みます。

時代をうつし、その情景や風俗、文化や思想を記録するという、「描く」という行為そのものと対峙し、絵画の根本を模索する作家が、歴史を受け継ぎ自身をその運動に参加させるための方法は、生々しく過激でありながら、鮮やかな価値の転換と新しい夜明けを連想させます。

 

内山聡(うちやま・さとし)

1978年神奈川県に生まれる

2003年多摩美術大学美術学科日本画専攻卒業

2005年多摩美術大学大学院美術研究科修了

2011年第26回ホルベインスカラシップ奨学生

 

最近の展覧会

2010年 グループ展「OVER TONE II 美術の地上戦」(神奈川県民ホールギャラリー 横浜)

2011年 個展「クイックピック」(ギャラリーヒラワタ 藤沢)

2012年 個展「タイムマイム」(新世代の視点2012 ギャラリー現 銀座)

2012年 グループ展「Melting Core支持体に関する5つの考察」(Gallery OUT of PLACE 奈良)9/7~10/7

 

 

内山聡展「Soaked Paintings」

2012年9月21日(金)~10月20日(土)

オープニングレセプション 9月21日(金)18時~20時

eitoeiko

矢来町32-2

http://eitoeiko.com


[ eitoeiko ]

『茜夜』飯田橋にオープンしました

2012年8月27日

茜やから夜のみ営業する新店オープンのお知らせです。

JR飯田橋東口から徒歩3分。
エドモンドホテルの近くに
「本が読めて、手紙が書ける」をコンセプトにした小さなバーをオープンしました。
仕事帰り、家に帰るまえのクールダウン。
ほんのひととき、自分に戻れる時間を過ごしていただきたいな、と思っています。
セレクトしたおいしいお酒を中心に、
スモールポーションの軽いおつまみも用意しています。

アルコール以外に、
神楽坂の日本茶カフェ「茜や」のお煎茶はもちろん、
厳選した高級茶葉を使用した煎茶割りやお茶漬けも提供いたします。

おひとり、お友達、同僚と。
「ちょっとだけ飲みたい」、
でも居酒屋では賑やかすぎ、
バーだとかしこまりすぎ・・。
そんな夜にぜひどうぞ。

詳しくは→


[ 日本茶 茜や ]

ロンダからお知らせ。

2012年8月24日

                                                                                                                                                                                                                                                                            

ロンダでは2年ぶりになります、大村剛さんの陶展をご紹介いたします。 

大村さんといえば、色絵や黒の独特な色彩、オブジェや玩具を思わせるフォルムなど

まさに大村さんだけが創造する、独特の器の世界観をもった陶芸家。

今展でも惜しみなくその世界を私たちに見せてくれると思います。

上の画像は手のひらに納まってしまうほど小さな豆皿、

すこし玩具のパーツのようにもみえ、シンプルに揃えたテーブルに、遊びを添えてくれる楽しい器です。

この他にもピッチャーや片口、お皿や鉢など日常を楽しくしてくれる器を多数ご紹介いたします。

個性的なフォルムや質感からか、どんな風に使ったらいいの?という質問をたまに頂くこともありますが

実はピッチャーも水切れがとてもよくって、器は軽く使いやすいのです。

お時間ございましたら、ぜひ。

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。

 

ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 

 


[ La Ronde d’Argile ]

「10年代の終戦」~9/1 開催中です。

2012年8月23日

青秀祐・梅沢和木・木村泰平・潘逸舟・柳井信乃・檜山高雄
『10年代の終戦』
企画 高橋洋介
2012年8月15日(水)~9月1日(土)

東京を離れ、青森で仕事をするようになって日本や3.11に対する見方が大きく変わった。青森で生活しながら日本の矛盾のいくつかを知っていく中で、原爆で始まった戦後と原発事故以後の現代をひとつながりのものとして提示した開沼博氏の『「フクシマ」論』を読み、この展覧会の構想に関わるふたつの問いが脳裏をよぎった。
ひとつは、戦時中の言語が3.11の直後に再召還されたことに関わる。なぜ人々は、いまに敗戦を透かし見たのか。そこには表面的な類似を超えた繋がりがあったのだろうか。
もうひとつは、戦争画に関わる。日本美術のゼロ年から10年を経た今、日本における歴史の忘却に抗うためには、現代美術の起源としての戦争画の問題を問い直し、自分たちを批評の俎上にのせるほかないのではないか。
この重なり合うふたつ―3.11と日本戦後美術―の問いをどのような形で実践できるのかという問題意識が、この展覧会を構想する契機となった。
以上の前提を踏まえた上で、この展覧会では、太平洋戦争を陸軍兵として生き、シベリア抑留後、ソ連政府から中国戦犯管理所に移管された檜山高雄の絵画と、戦争の記憶が風化しつつあった1980年前後に生まれた若手作家5名の主に3.11以後に制作された作品を対置する。
おおよその構想が固まったのが7月の初旬、そこからたった1ヶ月の間に、この展覧会は、さまざまな方のあたたかい協力を得て、準備されてきた。もちろん、もっと長い準備期間をとり、規模をさらに大きくするべきテーマであることは承知している。しかし、今回は、いますることがこの規模で行うこと以上の意味を持つと判断し、問いを改良し、さらなる研究と実践を深めていくためにも、無理を通して開催することにした。そのすべての責任はキュレーターにある。
観にきてくださった方々がこの展覧会を批評し、議論するきっかけを与えてくださるならば、これに勝る喜びはない。

高橋洋介(本展キュレーター)

檜山高雄「1945年8月15日終戦」


[ eitoeiko ]

ロンダからお知らせ。

2012年8月9日

 

ロンダから展示会のお知らせです。

8月25日(土)から30日(木)まで、「ステンドグラスのある暮らし 村瀬 可衣 作品展」をご紹介いたします。

展示会ならではのデザインも豊富なランプシェード(DM写真の作品は「ぶどう」)、

キャンドルホルダーなど様ざまな作品が並びます。

夏の終わり、夕暮れ時はステンドグラスの明かりがとても綺麗に美しく映える時間帯です。
お時間ございましたら、ぜひ。

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。

 

ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

スクープ・ブランシスコ「フライ・ミー・フロム・ザ・ムーン」

2012年7月13日

eitoeikoでは7月14日より8月4日まで、Scoop Brancisco(スクープ・ブランシスコ)による本邦初個展『Fly me from the moon』を開催いたします。
Scoop Brancicsoは1979年生まれの日本人。版画家である両親の気分で幼少より一家でサンフランシスコに移住。その後日本と米国を行き来しながら、2005年にサンフランシスコ州立大学を卒業、2009年にハワイ大学でMFAを取得します。
帰国後感じた近代絵画偏重という日本のアートシーンへの違和感、日米のライフスタイルのずれ。それらを根本としながら、作家は相互理解の道具として、古風な現代性を湛えた絵画を制作しています。
本展では、シュルレアリスム絵画を感じさせるプレクシグラスに描いた絵画を発表し、あわせて鑑賞者へ作品を「味わっていただく」特別なシーンを演出いたします。
皆様のご高覧をお待ちしております。


[ eitoeiko ]

6/30 Contemporary Conversations I 笹久保伸(g)

2012年6月25日

現代美術と現代音楽の出会い、Contemporary Conversations Iを開催します。出演は笹久保伸(g)。高橋悠治、杉本洋一、ブソッティなど20世紀後半から21世紀の楽曲と即興を演奏します。

以下はイメージエア音楽事務所の公式サイトより引用いたします。

「コンテンポラリー・アート」と「コンテンポラリー・ミュージック」。同時代にありながら近いようで遠い。《Contemporary Conversations》は、そのふたつを交叉させ、新しい対話の糸口とするプロジェクトです。

会場となるのは、現在注目のインデペンデント・ギャラリー、eitoeiko。天井高もあり、光溢れる会場にて、コンテンポラリー・アートと音楽が出会い、繋がり、ある時は反発する。リラックスした雰囲気の中で繰り広げられる、火花散るような化学反応をお楽しみ頂けます。

《Contemporary Conversations》第1回目は 才気溢れるギタリスト、笹久保伸。

研ぎ澄まされた感性と卓越した技巧を携える音楽家です。彼のために書かれた高橋悠治、ブソッティ、杉山洋一、ドメニコーニ各氏の作品を中心に、笹久保伸の自作を交え、同時代に書かれた音楽をプログラムに刺激的な時間をお楽しみいただけます。

2012年6月30日(土)
Contemporary Conversations I
出演:笹久保 伸(ギター)

18時開場 18時30分開演
前売2,800円 当日3,000円

ご予約はイメージエア音楽事務所まで。

【コンテンポラリー・ミュージックス・トウキョウ】イメージエア音楽事務所
http://chikaplogic.typepad.jp/cmtokyo/2012/05/120630cc01.html


[ eitoeiko ]

6/24 ARATA TAKAHASHI JAZZ AND GROOVIN’

2012年6月15日

今月末eitoeikoでは、2本の音楽イベントを開催いたします。1本目はこちらです。

ARATA TAKAHASHI JAZZ AND GROOVIN’

出演:高橋新(g)、栗田俊宏(b)

6/24(日) 18時開場 18時30分開演 MC2,000円

NY武者修行直前の高橋新が、ジャズとグルーヴミュージックをお届けいたします。

ご予約は不要ですので、お気軽にご来場ください。


[ eitoeiko ]

山崎宏の暮らしもの

2012年6月3日

フラスコからのお知らせです。

 

・・・・・・

「山崎宏の暮らしもの
作ってるもの・使ってるもの・食べてるもの」
6月15日(金)~6月19日(火)
12:00~19:00

 

詳しくはこちらで→


[ フラスコ ]

4/1(日) 岩見淳三&YAYOI スペシャルJAZZライブ

2012年3月30日

岩見淳三&YAYOI eitoeikoでの演奏風景

4/1(日)に、矢来町のeitoeikoでは開廊3周年記念JAZZライブを開催します。出演はギターの名手岩見淳三と歌姫YAYOI。珠玉の名曲に浸るJAZZの夕べをお楽しみください。

岩見淳三&YAYOI
2012年4月1日(日)
16時開演 16時30分開場
料金3,000円(1ドリンク付)
ご予約は不要です。お気軽にお越しください。


[ eitoeiko ]

3/31~4/28 江川純太展「さっき見た新しい世界を忘れて、また見る瞬間の」

2012年3月30日

近づけばいいなんて。見てみろ、遠くは穏やかだ。 油彩 91x91cm

抽象絵画による表現を探求する美術家、江川純太(1978年神奈川県生まれ)。
「鑑賞者との距離が近づき、より親密になった」と語る新作からは、震災を経て失ったもの、残ったものやあたらしく生まれたものが光の反射となってあらわれているかのようです。
江川の制作姿勢に「作品を面白くし過ぎない」という心構えがあります。これは「永く鑑賞できうる作品には、一過性と思われるエッセンスは不要である」という考えからきています。抽象の森に迷い込んだ作家は、その未踏の色彩や構成に確かな響きを感じ、具体化するという冒険を試みているのです。古典的手法により現在を構築する江川純太の絵画表現をご高覧ください。

江川純太(1978年神奈川県生まれ)
2003年 多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業
2010年 個展 火星の記憶(eitoeiko)
2010年 OVERTONE II(神奈川県民ホールギャラリー 横浜)
2011年 個展 正解も不正解も消えた。それが答えなのか?(eitoeiko)

主な受賞
2008年 シェル美術賞入選
2010年・2011年 トーキョーワンダーウォール入選
2011年 第25回ホルベインスカラシップ奨学生
2012年 第7回大黒屋現代アート公募展入選

江川純太 さっき見た新しい世界を忘れて、また見る瞬間の
2012年3月31日(土)~4月28日(土)
開廊12:00~19:00 日月祝休み


[ eitoeiko ]

「Les rats de bibliotheque~猫も歩けば本に中る」が開催されました

2012年2月29日

2月24日(金)と25日(土)に、ヨコロジーメンバーのうす沢さんの呼びかけで
神楽坂の「本」イベント「Les rats de bibliotheque~猫も歩けば本に中る」が開催されました。

特製地図を片手に神楽坂のまちを歩き、本マークのついたお店をのぞくと、
そこはカフェや、レストラン、小物屋さん、オフィスなどなど、
ほんとうに街中のいろ~んな方々が参加したイベントであることに気づきます。

それぞれ、好きな本を紹介したり、本にまつわる商品を並べたり、
本のイベントを開催したり、いろいろな楽しみ方をされていました。

ヨコロジーメンバーも、ムギマル、ラ・ロンダジル、eitoeiko、アンガトー、
鮎藤革包堂、belpasso、貞、うす沢、茜やの9店が参加しました。

街中の写真と合わせていくつかご紹介します。

「アンナの赤いオーバー」( 絵アニタ・ロベール 文ハリエット・ジィーフェルト 評論社)原画展@アンガトー

ステキな革のブックカバー@アユフジさん イベント後も購入可です。写真上はたい焼きカバー

出版社は自社のご本を紹介。普段は気づかないけど、神楽坂には出版関係の企業や専門家がたくさんいらっしゃいました。

こちらはフレンチレストラン。普段からのディスプレイ!?かもしれませんが、本が自然に風景に溶け込んでいました。

江戸時代より文豪に愛されてきた相馬屋さんでは、相馬屋製原稿用紙に作家たちの直筆原稿が展示されていました。

今回、「本」というテーマで、つながった神楽坂。
神楽坂にはこんなにも本好き、出版関係の方々、作家さんが集まっているのかと驚きました。
このまちが古くからもつ高度な本文化に触れることができるイベントでした。


[ うす沢 ]

Les rats de bibliotheque~猫も歩けば本に中る~

2012年2月20日



神楽坂エリアで、2月24日(金)25日(土)の2日間、
「Les rats de bibliotheque(レ ラ ド ビブリオテック)~猫も歩けば本に中(あた)る」が開催されます。
「本」をテーマに神楽坂にある約60店舗が参加します。
「本に関わる」色々な事を各店舗でお楽しみください。

ヨコロジーメンバーも一部参加しています!

ムギマル
ラ・ロンダジル
eitoeiko
アンガトー
鮎藤革包堂
belpasso

うす沢
作品展示茜や(うす沢にて)

お楽しみに!

公式ブログ→
市ケ谷経済新聞掲載→

企画運営:レラドビブリオテック実行委員会 うす沢


[ うす沢 ]

「縁日」展は11日まで。

2012年2月6日

Reactor 2011

上記の写真は青秀祐、江川純太、白須純、ながさわたかひろ、橋本悠希、吉田有紀ら6名の作家たちが、10人の肖像を描いた作品「Reactor」です。アンディ・ウォーホルの「20世紀の10人のユダヤ人」からヒントを得て制作した、2011年の10人の日本人です。あ、約1名ドイツ人ですが。

詳しくはこちらに。店主が書いています。

ART-iTブログ「反原発芸術は反芸術か
 
タイトルのわりにぜんぜん堅苦しくない文章です。すいません。
このサイト、英語の自動翻訳がついているんですがそれが破壊的にアタマが悪いので、いちど英文をなおしました。そしたらこんどはその英語が日本語に自動翻訳(もちろんこちらも変な訳)されて反映されてしまい、また修正、とやっているうちに文のやる気が著しく低下してしまったのがやるせないところです。

2/24、25にはLes Rats de Bibliothéqueに参加します。

Les Rats de Bibliothéque公式ブログ
 
1/7~9のヨコロくじではたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
今後ともeitoeikoをよろしくお願いします。


[ eitoeiko ]

Jokogumoの『使ってみたい、漆展』

2012年1月26日


Jokogumoからのお知らせです。

・・・・・・

Jokogumoの『使ってみたい、漆展』
1月27日(金)~2月1日(水) 
12:00~20:00(最終日17:00)

漆について知りたい方、是非お立ち寄り下さい!

場所:フラスコ

詳しくはこちら→


[ jokogumo ]

旧暦のある暮らし展

2012年1月19日

フラスコからのお知らせです。

・・・・・・

旧暦のある暮らし展
1月20日(金)~1月25日(水)
12:00~19:00(最終日17時)

季節を感じる生活を
今、改めて見つめ直す。

21日(土)22日(日)は茜やの玉露とお菓子があります。

詳しくはこちらで→


[ フラスコ ]

belpasso 革小物展

2012年1月7日

ベルパッソでは、革小物展を開催中です。

植物タンニンなめしの革で作ったポーチ、小銭入れ、ブックカバーなど

リバティー生地のベビーシューズです。ファーストシューズとしてどうぞ。

青森の刺し子刺繍を施した小物入れとブックカバー

リバティープリント生地で作ったコースターとポーチです。アンティーク柄などいろいろご用意しています。

しなやかな革で作ったヘアーバンドです。腕に巻いたり、ネクタイとしても使えます。

その他、初めてのサンプルセールを行っています。
お足に合って頂ければ、大変お得になっています。(50~70%off 12足限定)
  
皆様のお越しをお待ちしています。
  
  


[ belpasso ]

年末年始のおしらせ/茜や

2011年12月22日

茜やの本年の営業は終了しました。
年始は7日(土)のヨコロジーからスタートです。
お正月の初詣がてら、ぜひ遊びにいらしてくださいね!
   
みなさまよいお年を。


[ 日本茶 茜や ]

展示会のお知らせ

2011年12月16日

富井貴志 木工展
ロンダから、展示会のお知らせです。
12月17日(土)から22日(木)まで、「富井貴志 木工展」をご紹介します。
木のトレイやお皿、バターケースに漆のものも少し。
お時間ございましたら、ぜひ。
展示会の詳しい内容は。HPの「Exhibition」をご覧くださいませ。


[ La Ronde d’Argile ]

katakataものがたりのある布展「やま」

2011年12月16日

フラスコからのお知らせです。

人気型染め作家のkatakataの展示になります。
17日(土)18(日)は日本茶 茜やの出張cafeもあります。

・・・・・・・・・

katakata
ものがたりのある布展「やま」
12月16日(金)~12月21日(水)
12:00~19:00(最終日17:00)

カタカタやまのお話です。

「やま」をテーマに、型染めと注染による、てぬぐい・ふろしき
布小物を展示販売いたします。
カタカタやまのおはなしです。

17日(土)と18日(日)は日本茶 茜やさんの日本茶と和菓子を
お楽しみ頂けます。
皆様お誘い合わせの上、ぜひ遊びにいらして下さい。
*12:00~19:00(Last order 18:00)

詳しくはこちら→


[ フラスコ ]

キモチをカタチに…Cotomono手作りのカバンや小物たちvol.6

2011年12月1日

フラスコの展示のお知らせです。

・・・・・・・・・・・・

キモチをカタチに…
Cotomono
手作りのカバンや小物たちvol.6
12月2日(金)~12月5日(月)
11:30~19:30(最終日に17:00)

フランスの古い時代の生地(未使用)を素材にしたカバンや、
手染めのカバン、シルクスクリーンを施したオリジナルプリント
のカバンなど、いろいろなキモチをいろいろなカタチにしました。
この冬にぴったりのあたたかいブランケットのカバンも登場します。

また、オーダーメイドでの制作も御受けしておりますので、
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

詳しくはこちら→


[ フラスコ ]

展示会のお知らせ

2011年12月1日

亀田大介 陶展

ロンダから、展示会のお知らせ

12月3日(土)から8日(木)まで、「亀田大介 陶展」をご紹介いたします。
ぽってりした白磁や土ものの器は普段使いやギフトにどうぞ。
お時間ございましたら、ぜひ。

展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。


[ La Ronde d’Argile ]

eitoeiko12月の展示情報

2011年11月25日

eitoeiko12月の展示情報です。

・青秀祐「マルチロール・ファイター」 ~12/10まで

自家製デカールを貼り込んだ、和紙による折り紙戦闘機。

 

・【特別企画】ながさわたかひろ「応援/プロ野球カード」 12/17~28

今シーズンのヤクルト戦全試合をシルクスクリーンであらわした、渾身の野球絵巻。

 


[ eitoeiko ]