ロンダからお知らせ。

2013年3月27日

三笘 修  陶展
 
3月30日(土)~4月6日(土)
会期中無休
 
営業時間は12時~19時まで
日・祝日と最終日は18時まで
 
三笘さんの在店日 30日
 
ロンダジルでは3回め、3年振りの三笘修さんの個展を催します。
 
三笘さんは大分県日田市で作陶する作家です。
3年前の2010年の展示会では愛知県の常滑から大分に移られたばかりで、
地元の土を使い「黄石釉」と名づけた焼き物を見せてくれました。
 
黄石釉のほか灰粉引きの日常器、錆鉄釉の花器やふたものなど、味のある作品はどれも店主好み(!)で
滋味で味わいがあり、お料理が美味しそうに映える、そして何気に可愛いらしさも感じられて
我が家の棚にも使い馴染んだ三笘さんの器がたくさん並んでいます。
 
大分に移られてからは展示会中心の活動で、残念ながら常設に器が入荷することはほとんどありません。
なので割ってしまったら大変、少々の欠けなどは継いだりして大事に使っていますが、
待ち遠しかった3年ぶりの展示、私も買う気満々(笑)で楽しみにしています。
三笘さんの器をお探しの方やご興味のある方などたくさんの方にご覧頂きたいなと思います。 
今展は少し会期も長めに8日間、初日は三笘さんも在店予定です。
お時間ございましたら、ぜひぜひ。
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

3/30より橋本悠希展「Faceblock/Smartthorn」がはじまります。

2013年3月27日

 

[Wickets of the world 2012年 セラミック 各24.5x24.5cm 撮影:末正真礼生]

 eitoeikoでは、橋本悠希による個展『Faceblock/Smartthorn』を開催いたします。
 橋本悠希(1988年愛知県豊橋市生まれ)は、2011年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻を卒業後、多摩美術大学美術学部工芸学科に編入し陶芸について学びました。本展では今春、工芸学科より優秀賞を受賞した橋本の、卒業制作と新作を展示いたします。
 橋本は卒業制作「Wickets of the world」において、いまを代表するコミュニケーションツールであるソーシャルネットワークサービス(以下SNS)と、人類のもっとも古いテクノロジーである陶を融合させました。SNSから紹介される「知り合いかもしれない」人たち、しかし実際は見ず知らずの他人のプロフィールを陶板に焼き付ける行為は、蜃気楼のような人格に物質的な実体を与える試みです。ピクセル上の肖像がディスプレイを抜けだし、美しい釉薬の輝きを身に纏い語りかける様子は、機械的なプログラムに支配された現代においても、コミュニケーションの本質は顔と顔であることを示します。そしてその生成の過程に、人類が初めて手に入れた道具である炎が媒介することは、人類誕生の起源を想起させます。
また最新作として、使われなくなった携帯電話に、所有者の姿を甦らせたオブジェを発表します。ジョセフ・ローズ・ブキャナン(1814-1899)の方法にならい、作家の過去視によって浮かび上がるその姿は、降霊術の怪しさを秘めた都市伝説のように存在し、高度なネットワークとモビリティを追求する社会の影となってわれわれを幻惑します。

橋本悠希(1988年 愛知県生まれ)
2011年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻卒業
2013年 多摩美術大学美術学部工芸学科卒業
 
主な展覧会
2010年 第35回全国大学版画展(町田市国際版画美術館 町田)
2010年 ULTRA 003(スパイラル 東京)
2011年 瞬間から永遠まで(w/ながさわたかひろ、高田隆平 eitoeiko)
2011年 Gateway Japan(トーランス市美術館 カリフォルニア州トーランス)
2011年 画面の告白(eitoeiko)
2011年 ULTRA 004(スパイラル 東京)
2012年 ニューシティ・アートフェア(hpgrp GALLERY ニューヨーク)
2012年 たまびやき(ギャラリーなつか 東京)

橋本悠希
Faceblock/Smartthorn
2013年3月30日(土)~4月27日(土)
開廊:12時から19時 日月祝休廊
オープニングレセプション:3月30日(土) 17時から19時
http://eitoeiko.com


[ eitoeiko ]

ロンダからお知らせ。

2013年3月8日


 
 
長峰 菜穂子  陶展
 
3月9日(土)~3月14日(木)
会期中無休
         
営業時間は12時~19時まで
日・祝日は18時まで
最終日は17時まで
 
長峰さんの在店日 9日
 
 
ロンダジルでは3回めとなる、長峰さんの個展を催します。
 
今年で独立して10年、節目の年を迎えた長峰さん。
ロンダでは2006年から常設で作品をご紹介させていただき、
現在の店舗に移転した2008年の12月に初めて展示会をしていただきました。
それから早8年、だんだんと作品の方向性がはっきりと見え始め、
現在では長峰さんらしい洋陶スタイルが確立したと思います。
男性では李朝や日本の古い器からインスパイアされた作品作りをする方は多くみえますが、
それとはまた異なりヨーロッパの古い器を収集し、そこからイメージを膨らましていく女子的アプローチは
長峰さんの取り組みが始めなのではないでしょうか。
 
今展は長峰さんの洋陶の数々を、ロンダの和室(!)にて展示、ご紹介する予定です。
人気のジャグやコンポート、お皿等ともに
リクエストして作っていただいた陶製のフードカバーなどたくさんの作品をご紹介いたします。
9日(土)は長峰さんも在店くださいますので、お時間ございましたら、ぜひ。
 
年々人気の高まっている長峰さんの展示会、初日の9日(土)はたくさんのお客様のご来店を予想しております。
初日は入店頂ける許容範囲を超えるお客様がご来店くださった場合は整理券をお配りする場合がございます。
また当店は静かな住宅街の中にある店舗ですので、
誠に恐れ入りますが、近隣の方のご迷惑にならないよう早い時間からお待ちいただくことはご容赦くださいませ。
どうぞご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 
 
展示会の詳しい内容はHPの「Exhibition」をご覧くださいませ。
ロンダのHPへはこちらからどうぞ → 


[ La Ronde d’Argile ]

インタレスト「MAITO春の草木染めフェア2013」

2013年3月2日

 

こんにちは、セレクトショップのインタレストです。

 

3月9日(土)~17日(日)の日程で、「MAITO 春の草木染めフェア2013」と題しまして、

当店でお取り扱いのあるMAITO(マイト)の販売会を開催します。

 

MAITOは、従来の草木染めのイメージを覆す天然のパステルカラーと、

デザイナーの専門的なニット技術による抜群の着心地と物持ちが同居する、

みずみずしい草木染めブランドです。

 
会期中はインタレストの店頭にて、マイトのアイテムを普段よりかなり多くご案内します。
桜染めや屋久杉染めなどの春らしいアイテムを中心に、

文字通り「色とりどり」でご紹介したいと考えています。

 

会期初日の9日(土)には、デザイナー・染め師である小室真以人さんを招いて、

桜染めのワークショップを開催します。
少人数によるお申し込み制ですので、ご興味がおありの方は、

以下のリンクで詳細をご確認の上、お早めに当店までご連絡下さいませ。

 

<フェアの概要>
日程: 3月9日(土)~17日(日)※火曜定休
時間: 12:00~19:00
場所: インタレスト

 

フェアの詳細や最新の情報につきましては、こちらの日記をご覧下さいませ。→

 


[ インタレスト ]