3/30より橋本悠希展「Faceblock/Smartthorn」がはじまります。

2013年3月27日

 

[Wickets of the world 2012年 セラミック 各24.5x24.5cm 撮影:末正真礼生]

 eitoeikoでは、橋本悠希による個展『Faceblock/Smartthorn』を開催いたします。
 橋本悠希(1988年愛知県豊橋市生まれ)は、2011年に武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻を卒業後、多摩美術大学美術学部工芸学科に編入し陶芸について学びました。本展では今春、工芸学科より優秀賞を受賞した橋本の、卒業制作と新作を展示いたします。
 橋本は卒業制作「Wickets of the world」において、いまを代表するコミュニケーションツールであるソーシャルネットワークサービス(以下SNS)と、人類のもっとも古いテクノロジーである陶を融合させました。SNSから紹介される「知り合いかもしれない」人たち、しかし実際は見ず知らずの他人のプロフィールを陶板に焼き付ける行為は、蜃気楼のような人格に物質的な実体を与える試みです。ピクセル上の肖像がディスプレイを抜けだし、美しい釉薬の輝きを身に纏い語りかける様子は、機械的なプログラムに支配された現代においても、コミュニケーションの本質は顔と顔であることを示します。そしてその生成の過程に、人類が初めて手に入れた道具である炎が媒介することは、人類誕生の起源を想起させます。
また最新作として、使われなくなった携帯電話に、所有者の姿を甦らせたオブジェを発表します。ジョセフ・ローズ・ブキャナン(1814-1899)の方法にならい、作家の過去視によって浮かび上がるその姿は、降霊術の怪しさを秘めた都市伝説のように存在し、高度なネットワークとモビリティを追求する社会の影となってわれわれを幻惑します。

橋本悠希(1988年 愛知県生まれ)
2011年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻卒業
2013年 多摩美術大学美術学部工芸学科卒業
 
主な展覧会
2010年 第35回全国大学版画展(町田市国際版画美術館 町田)
2010年 ULTRA 003(スパイラル 東京)
2011年 瞬間から永遠まで(w/ながさわたかひろ、高田隆平 eitoeiko)
2011年 Gateway Japan(トーランス市美術館 カリフォルニア州トーランス)
2011年 画面の告白(eitoeiko)
2011年 ULTRA 004(スパイラル 東京)
2012年 ニューシティ・アートフェア(hpgrp GALLERY ニューヨーク)
2012年 たまびやき(ギャラリーなつか 東京)

橋本悠希
Faceblock/Smartthorn
2013年3月30日(土)~4月27日(土)
開廊:12時から19時 日月祝休廊
オープニングレセプション:3月30日(土) 17時から19時
http://eitoeiko.com


[ eitoeiko ]