本日より吉田有紀展「Rider, Stream and Speed」がはじまります。

2013年1月11日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オートバイを危険なスピードで走らせているとアイディアが出てくる。死ぬかもしれない危険な状況だからこそ、鮮明に形がイメージできるのかも知れない。

―吉田有紀

 

吉田有紀(1971年生まれ)は「ものの見え方は人によって異なる」という基本原則に倣い、人によって様々に解釈される形態を意識的に作品化してきました。 受け取り方に差のあらわれるイメージは、われわれの生活する社会のなかで、おぼろげだが確かにそこにある世界そのものであり、現実の曖昧さは真実の不確かさにつながっています。 作家はその矛盾を鑑賞者に投げかけています。

本展は英国のロマン主義の画家ジョセフ・マロード・ウイリアム・ターナー(1775-1851)の作品よりタイトルを想起し、生死の境にある異世界をさぐる試みとなっています。また会場に設置された大型オートバイから見る映像作品と通じて、作家の視点をご体感ください。

 

吉田有紀(1971年神奈川県鎌倉生まれ)

1995年 多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業

1997年 多摩美術大学大学院美術研究科修了

1998年 第3回昭和シェル石油現代美術賞入選

1999年 第10回関口芸術基金賞優秀賞

2000年 第11回五島記念文化賞新人賞(2000-01年 ロンドン大学スレード美術学校に学ぶ)

2006年「NO BORDER 日本画から日本画へ」(東京都現代美術館)

2009年 META II(高崎市タワー美術館ほか)

2010年 META II(神奈川県民ホールギャラリー)

2010年「異形‐景」(カスヤの森現代美術館)

2011年「Gateway
Japan」(トーランス市美術館 カリフォルニア州)
吉田有紀「Rider, Stream and Speed」

2013年1月11日(金)~2月9日(土)

開廊12時から19時 日月祝休廊

ヴェルニサージュ:1月11日(金) 18時から20時

 

カグラザカヨコロジー

2013年1月12日(土)~14日(月) 会期中無休

年初恒例の神楽坂イベント。弊廊では「吉田有紀のアートくじ」を開催いたします。

Contemporary Conversations 2

現代美術と現代音楽の邂逅。いま最もホットなギタリスト、笹久保伸を迎えての弊廊2回めのリサイタルです。大好評につき前売券の販売は終了いたしました。

2013年1月19日(土)17時開演 ※演奏中は吉田有紀展閲覧のみの入廊はできません。ご了承ください。

出演:笹久保伸(ギター)

料金:前売2,500円/当日2,800円

企画:イメージエア音楽事務所

【詳細はこちらへ】

 

Contemporary Conversations 3

新春豪華プログラム第2弾は、尺八奏者田嶋謙一を迎え、作曲家木下正道がシーンの最先端を紹介します。こちらもご予約はお早めに!

2013年1月27日(日)15時30分開場 16時開演

出演:田嶋謙一(尺八)

料金:前売2,500円/当日2,800円

企画:イメージエア音楽事務所

【予約・詳細はこちらへ】

 


[ eitoeiko ]