「Les rats de bibliotheque~猫も歩けば本に中る」が開催されました

2012年2月29日

2月24日(金)と25日(土)に、ヨコロジーメンバーのうす沢さんの呼びかけで
神楽坂の「本」イベント「Les rats de bibliotheque~猫も歩けば本に中る」が開催されました。

特製地図を片手に神楽坂のまちを歩き、本マークのついたお店をのぞくと、
そこはカフェや、レストラン、小物屋さん、オフィスなどなど、
ほんとうに街中のいろ~んな方々が参加したイベントであることに気づきます。

それぞれ、好きな本を紹介したり、本にまつわる商品を並べたり、
本のイベントを開催したり、いろいろな楽しみ方をされていました。

ヨコロジーメンバーも、ムギマル、ラ・ロンダジル、eitoeiko、アンガトー、
鮎藤革包堂、belpasso、貞、うす沢、茜やの9店が参加しました。

街中の写真と合わせていくつかご紹介します。

「アンナの赤いオーバー」( 絵アニタ・ロベール 文ハリエット・ジィーフェルト 評論社)原画展@アンガトー

ステキな革のブックカバー@アユフジさん イベント後も購入可です。写真上はたい焼きカバー

出版社は自社のご本を紹介。普段は気づかないけど、神楽坂には出版関係の企業や専門家がたくさんいらっしゃいました。

こちらはフレンチレストラン。普段からのディスプレイ!?かもしれませんが、本が自然に風景に溶け込んでいました。

江戸時代より文豪に愛されてきた相馬屋さんでは、相馬屋製原稿用紙に作家たちの直筆原稿が展示されていました。

今回、「本」というテーマで、つながった神楽坂。
神楽坂にはこんなにも本好き、出版関係の方々、作家さんが集まっているのかと驚きました。
このまちが古くからもつ高度な本文化に触れることができるイベントでした。


[ うす沢 ]

Les rats de bibliotheque~猫も歩けば本に中る~

2012年2月20日



神楽坂エリアで、2月24日(金)25日(土)の2日間、
「Les rats de bibliotheque(レ ラ ド ビブリオテック)~猫も歩けば本に中(あた)る」が開催されます。
「本」をテーマに神楽坂にある約60店舗が参加します。
「本に関わる」色々な事を各店舗でお楽しみください。

ヨコロジーメンバーも一部参加しています!

ムギマル
ラ・ロンダジル
eitoeiko
アンガトー
鮎藤革包堂
belpasso

うす沢
作品展示茜や(うす沢にて)

お楽しみに!

公式ブログ→
市ケ谷経済新聞掲載→

企画運営:レラドビブリオテック実行委員会 うす沢


[ うす沢 ]

「縁日」展は11日まで。

2012年2月6日

Reactor 2011

上記の写真は青秀祐、江川純太、白須純、ながさわたかひろ、橋本悠希、吉田有紀ら6名の作家たちが、10人の肖像を描いた作品「Reactor」です。アンディ・ウォーホルの「20世紀の10人のユダヤ人」からヒントを得て制作した、2011年の10人の日本人です。あ、約1名ドイツ人ですが。

詳しくはこちらに。店主が書いています。

ART-iTブログ「反原発芸術は反芸術か
 
タイトルのわりにぜんぜん堅苦しくない文章です。すいません。
このサイト、英語の自動翻訳がついているんですがそれが破壊的にアタマが悪いので、いちど英文をなおしました。そしたらこんどはその英語が日本語に自動翻訳(もちろんこちらも変な訳)されて反映されてしまい、また修正、とやっているうちに文のやる気が著しく低下してしまったのがやるせないところです。

2/24、25にはLes Rats de Bibliothéqueに参加します。

Les Rats de Bibliothéque公式ブログ
 
1/7~9のヨコロくじではたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。
今後ともeitoeikoをよろしくお願いします。


[ eitoeiko ]